交通事故の示談とは、基本的に賠償金額についての話し合いのことを指します。ですから感情として「収まらない」という被害者の気持ちは、残念ながらほとんど汲み取ってもらえないのが現実です。

しかしその中でも、当事者同士が誠意を持って示談交渉を行うことで、スムーズに話し合いを進めていくことができます。加害者の代理として保険会社が間に入ることは日常的にあります。ですから、保険会社の特徴をよく把握しておくことも、トラブルにならずに交渉を進めるコツといえるでしょう。

示談について、特に被害者が勘違いしてはならないことがあります。それは「示談書」にサインしたらその後の請求は一円たりともできない、ということです。(予期しなかった後遺症などを除く)基本的に示談とは「これでこの件についてはこれ(合意した金額)でおしまい」という約束です。ですから示談は急がずに慎重に行わないといけないのです。

任意保険と自賠責保険では請求の方法が違います。任意保険の損害保険会社は「一括でやりますよ」といってくるかもしれませんが、自分で自賠責保険に請求する方が良い場合も多々あります。

請求にはタイミングや必要な書類が多々あるので、初めて示談交渉を行う方にとってはややハードルが高いと思います。そんな時は、各種相談機関を利用して下さい。

交通事故相談センター(無料)などに一度相談してみたり、専門家で無料相談してもらえるところもありますので、そちらを利用してみることをオススメします。請求に必要な書類や、あなたの事故のケースに必要なことをアドバイスしてもらえますよ。

交通事故と自動車保険の関係を詳しく説明いたします。

「自賠責保険」は通称「強制保険」ともいわれていますが、人身事故の被害者を救済する目的で制度化されているものです。ですから交通事故でまず被害にあった場合(傷害事故や死亡事故)には、最低限の補償をしてくれる自賠責保険のことを知っておくのはとても大切なポイントとなります。

自賠責保険でも補いきれない損害を受けた場合に、事故相手の車両が任意保険に加入しているならば、それに上乗せする形で保険金を受け取ることができます。また、自賠責保険では対象とならない損害でも、任意保険では対象範囲になることもあります。これらは全て加害者がどのような任意保険に加入していたかにもよるので、詳しい情報を相手側の保険会社から聞く必要があります。

通常は被害者は加害者や保険会社を通じて保険金の請求を行います。しかし自賠責保険には「加害者請求」と「被害者請求」という2つの請求の仕方があります。

加害者側から十分な賠償を受けることができない場合に、最低限の賠償を、被害者自ら請求することができるのです。また、任意保険会社から治療費等の一括払いを打ち切られてしまった場合に、以後の治療費を任意保険会社と交渉することなく、自賠責保険への被害者請求手続きで回収出来る可能性もあります。

交通事故被害の賠償請求権には、実は時効もあります。加害者本人に請求できる年数は3年ですが、自賠責保険や任意保険に請求できるのは2年となっています。(手続きや条件等によりそれが延びたり中断したりすることは可能です。)示談が長引く場合には注意しましょう。